水不足による買占めの問題とは

水不足や断水で困る事があります。
この時、飲料水が必要になります。
すると、スーパー、ドラッグストア、量販店などにミネラルウォーターを買いに走る人達がいます。
(汗)。
これは、家族、自分を守るためでもあります。
また、放射能汚染が騒がれた時も、みなさん、水を確保する為に奔走したのではないでしょうか!?(汗)例えば、あなたが適量だけ購入すれば、買占めにはならないのです。
しかし、どうしても不安にあおられて一人何ケースも購入してしまうようだとダメですね。
本数制限がないミネラルウォーターだと、車に乗るだけ全部買い占める人もいたようですね。
(汗)。
これだと簡単に考えて、水がいきわたらない人達はどうすれば良いのでしょう。
東日本大震災は、予期せず起こった惨事でした。
まだ記憶に新しいと思います。
直接、地震被害がなかった場所であっても、人々がパニックになって、不安のあまり食糧の買占めることが起りました。
そして、それと同じように水の買占めが発生してしまいました。
(汗)普段、冷静な人であっても、このような状況下では、どうしても流されやすくなります。
(汗)。
やってくるかもしれない食糧不足、また、水不足の不安があります。
これによって、どうしても買占めをしてしまうようですね。
(汗)社会的にも「買占めはやめましょう」という動きがありました。
水道から出る水に放射性物質が含まれいるという報道もありましたよね。
ですから、みなさんが不安になるのは当然でもあります。
特に、乳幼児のいる家庭では、水道の水を与えられないと言った深刻な問題もありました。
それで水を買うしかありませんでしたよね。
(汗)
水道水が不安...?おいしさ・安全性の信頼性【ウォーターサーバーどう?】