フラット35sのAプランとBプランの違いとは?

フラット35sを利用すると、エコ性能の高い高機能住宅を、長期固定金利で検討することが出来ますね。
フラット35は、高性能住宅に適合しているかという審査に通らなければいけません。
更に高い基準をクリアすると更に金利条件の良いAプラン、Bプランをフラット35sとして利用することが出来ます。
AプランとBプランの違いは、その性能基準ですが、金利の引き下げ期間がはっきりと違います。
Aは10年、Bは5年の引き下げ期間となっています。
省エネエコ、耐震性、耐久性、バリアフリーとそれぞれが等級によってはっきりとした基準がもうけられています。
高い基準に適合するとなれば、それなりに予算もかかることですし、施工業者や、設計を担当する建築士とも相談して見ましょう。
楽天銀行フラット35の評判はどう?審査が甘い?【金利・手数料安い!】